IPCSA国際フィジカルケアサポート協会

理念

1.
人間が本来持つ自然治癒力の向上を促すボディ・セラピーの適切な技術を
多くの人たちに広く伝えます。

2.
ボディ・セラピーの技術向上と人材育成を図り、施術をすることで
生まれる人々との触れ合いや交流を通じて、物心両面での豊かさの
実現に積極的に寄与します。

3,
日常生活における様々な場面や、幅広い年齢層に対して、
ボディ・セラピーを通じて 人々の健康の維持促進に寄与します。

【沿 革】

・1999(平成11)年10月
 「東京フィジカル・ケアアカデミー」を開校。
  同時にJTPA・日本整体普及協会を設立。

・2001(平成13)年1月
 通信講座専門学校となる。

・2013(平成25)年10月 ボディセラピー発展のため、
上部組織、IPCSA・国際フィジカルケアサポート協会に名称変更し、現在に至る。


IPCSAとは(international Physical Care Support Aassociation) の略称です。
サブコンテンツ


IPCSA国際フィジカルケアサポート協会
会長 片山 喜滝





申込画面

このページの先頭へ